世評はまったく知り得ないが、これは観ておく価値のある作品だ。静止画で見る限りではまったく魅力を感じ得ないキャラクターデザインが、アニメーションではなんと映えることか! このキャラクターデザインの方向性で、ジブリの伝統的な、つまりは東映長編の流れをくむデザインを凌駕するとき、いわば単なる1枚絵をも魅力的なイラストレーションとして完成できたころ、少なくとも絵的には過去のあまりに偉大な業績(ワンパターンと置き換えてもいい)からの脱却をはかることが出来る。ディズニーは早い段階でそれをなしえたが、残念ながら「魅力的なデザイン」には少し遠いように思える。ジブリにはその轍を踏まないで欲しいものだ。なお、静止画云々というくだりの意味はエンディングロールで明解である。