leica_sam.jpg上下光源による撮影。光源は上から400Wの8分の1をライトボックスで。下からSB-24を24ミリズームで16分の1。この時マンフロットの卓上三脚はそのローアングル性によりとても低い位置に発光部を設置できる。ライツの卓上三脚のような剛性はないが一本あると便利。撮影台は自作(乳白アクリル3ミリ板に、ホームセンターによくある組み立て式の木脚。取り付けは蝶番ボルトなので使わないときはバラして格納)。全体の様子はこんな感じ(set.jpg)。ついでにF3も撮ってみた(MD4付きのF3HP)。F3のモーターはとても重いモノだが、ホールディングは格段に良くなる。