ジュード・ロウが(いい意味で)古典的な男前であることはよくわかった。以上。。。というわけにもいかないが、主人公操るカーチス P40(ウォーホークなのかキティホークなのか、まあどちらでも良い)が(ロータス・エスプリの)ボンドカーを想起させるアクションを見せてくれることに心惹かれたことを記しておこう。フライシャーの意訳をさんざん開陳したアイテム群についてはコメントを控えることにする。「超歴史」的世界観というヤツの評価は「好きずき」で語るほかない。言ってみれば、飛ぶしか能のないリアルなカーチスが登場した「パール・ハーバー」が司馬遼太郎の「燃えよ剣」とするなら、本作はつかこうへいの「幕末純情伝」のスタンスで受け止めるのが適切。誰も「龍馬伝」は「正確ではない」と意見しないだろう。(LINK