カテゴリー : Hardware

2013年3月の機材オボエガキ

昨年8月と大きな変化はないがいくつか導入したものをオボエガキ。

2013年3月
(銀塩)
ニコン F(貸与中)。
ライカ MD-2。

(デジタル)
エプソン R-D1、キヤノン EOS 5D(2セット)キヤノン G2。ニコン D700。ペンタックス K-5 IIs、K20D、*ist-DS、*ist-DS2。ソニー NEX-5。パナソニック Lumix G1、Lumix GF1(貸与中)。富士フイルムX-E1、リコー GXR+Mount A12(2セット)

2012年8月から追加したのはミラーレス(X-E1)と一眼レフ(K-5 IIs)。NEX-7は早々に手放してしまった。ニコン D800Eはいまだ未導入。

 

レンズラインナップ
◎ニコンFマウント

  • Aiニッコール18ミリF4確保。フードがないのでプレミア価格ではなかった。
  • 35ミリF1.4乃至50ミリF1.4の純正レンズあたりはずっと考慮中。
  • 28ミリはD800E導入時に考えることに。
  • ニッコールのF4もこれで18,20,PC28,マイクロ105の4本。ニューニッコール以後,Ai-s以前の玉がなぜか揃ってきた。

◎ペンタックスKマウント

  • K-5 IIs導入と前後してリミテッド31ミリ確保。そこはかとなくK20Dとの組み合わせのほうがしっくりくるが気のせいだろう。
  • SマウントをKマウントに改造したニッコールP・C 10.5センチF2.5(ゾナー型)も確保。こうなるとクセノター型の105ミリF2.5ももう一度使いたくなるね。

◎ライカMマウント

  • ZMディスタゴン18ミリF4筆頭。

◎EFマウント

  • TS-E24ミリF3.5筆頭。

◎ライカR+M42+マイクロフォーサーズ+ヤシカ/コンタックス

  • このマウントで検討しているレンズは今のところなし。

 

□X-E1について

  • X-E1はグリップ装着でそこそこの大きさになるので,中望遠までならなんとかバランスを崩さない撮影ができる。
  • 広角系でも(GXR+Mount A12には劣後するが)周辺描写がNEX-7よりは考慮されている。
  • RAWファイルの現像環境も整ってきた。
  • スーパーアンギュロンM21は当然使えないが,ルサール20(後期)は装着できた。
  • ズミクロン35(七枚玉)やノクトン・クラシック35が使えないのが残念。まあ35に関しては純正レンズを使うのが賢明ということか。

 

□K-5 IIs

  • オートホワイトバランスがときどき暴れるような気もするが、RAWだから気にしない。
  • この点以外は不満はなし。非常によくできた製品だ。

 

2011年8月の機材オボエガキ
2012年8月の機材オボエガキ

2012年8月の機材オボエガキ

ミラーレスに傾斜した1年。

2012年8月
(銀塩)
ニコン F(貸与中)。
ライカ MD-2。

(デジタル)
エプソン R-D1、キヤノン EOS 5D(2セット)、ニコン D700、ペンタックス K20D、*ist-DS、*ist-DS2、キヤノン G2。ソニー NEX-5、NEX-7。パナソニック Lumix G1、Lumix GF1(貸与中)。リコー GXR+Mount A12(2セット)

2011年からの1年の間に追加したのはミラーレス2種(GXR+Mount A12を2セットとNEX-7)。これは去年想定していた通り。ニコン D800は来年以降に導入?

レンズラインナップ
◎ニコンFマウント
35ミリF1.4乃至50ミリF1.4の純正レンズあたりはずっと考慮中。ZFディスタゴン2/28は少し後退。新しい純正28ミリが良さそうだが、PCニッコールでとりあえずいいか。

◎ペンタックスKマウント
リミテッド31ミリは候補筆頭変わらず。K5の後継機が出るといいな。

◎ライカMマウント
ZMディスタゴン18ミリF4が筆頭。ほんの少しスーパーエルマー21ミリが気になりつつある。

◎ライカRマウント
スーパーアンギュロンR21ミリF4をとうとう確保。5Dで使うには色々難点もあるが満足。

◎ヤシカ/コンタックスマウント
このマウントで検討しているレンズは今のところなし。

◎EFマウント
EF40ミリF2.8STFを導入。予想の斜め上を行く写りで大変満足。TS-E24ミリは1型でもいいような気がしてきた。

◎M42マウント
このマウントで検討しているレンズは今のところなし。

◎マイクロフォーサーズマウント
GF-1が手元にないのでエルマリート45ミリはいったん保留。

動体撮影以外ではGXR+Mount A12の組み合わせで事足りることが多く、機材稼働率の偏りが甚だしい。NEX-7は色々試した結果、案の定35ミリ以上で使うことが多くなってしまった。

過去の機材オボエガキ

21ミリ

といいながらルサール20ミリF5.6も仲間に入れておく。

レンズ単体のモノは左上からニッコール-O 2.1センチF4、Cビオゴン21ミリF4.5、リコーGR21ミリF3.5、ルサール20ミリF5.6、カラースコパー21ミリF4。GXRに装着しているのがスーパーアンギュロン21ミリF3.4。


上のニッコール-O(左)、スーパーアンギュロン(中)、そしてルサール(右)はレンズ後玉がマウント面より激しく飛び出しているので無改造の個体では NEX-5 に装着できない。

今のところGXRと共に持ち出す回数はルサールとGR21が多い。ニッコール-Oはかなり消耗しているので予備役、Cビオゴンは何となくR-D1で使う方がしっくりくる。カラースコパー21はこのレンズの中ではどの撮影条件下でも一番安定しているように思えるが、それだけに面白みに欠けるので出番が少ない。スーパーアンギュロンはあまりにきれいな個体なのでやや使いづらい(本末転倒)。

それにしても他の機材の出動回数が激減してしまった。一眼レフのラインナップを少し整理する必要があるかもしれない。

2011年8月までの機材オボエガキ

2005年3月
(銀塩)
ニコン F、FTn、F2、F2AS、F3HP、F3P。
フォクトレンダー BESSA-T、R3A。
ライカ IIIc、M4。
(デジタル)
ニコン D70、ペンタックス *ist-DS、キヤノン G2。

2005年秋口
(銀塩)
ニコン F、F3P。
フォクトレンダー R3A。
ライカ IIIc、M4、MDa。
(デジタル)
ニコン D70、ペンタックス *ist-DS、キヤノン G2。

2006年初頭
(銀塩)
ニコン F。
フォクトレンダー R3A、Bessaflex。
ライカ MD-2。
(デジタル)
エプソン R-D1、ニコン D70、ペンタックス *ist-DS、キヤノン G2。

2008年末
(銀塩)
ニコン F(貸与中)。
ライカ MD-2。
(デジタル)
エプソン R-D1、キヤノン EOS 5D、ニコン D700、ペンタックス K20D、ペンタックス *ist-DS、キヤノン G2。

2011年8月
(銀塩)
ニコン F(貸与中)。
ライカ MD-2。
(デジタル)
エプソン R-D1、キヤノン EOS 5D(2セット)、ニコン D700、ペンタックス K20D、*ist-DS、*ist-DS2、キヤノン G2。ソニー NEX-5。パナソニック Lumix G1、Lumix GF1。

2008年末からの2年半の間に追加したのはミラーレス3台のみ。そしてこれからしばらくも一眼レフはこのままかな。年度末までの導入候補はリコーGXRとソニーNEX-7。マイクロフォーサーズは使用頻度が極端に落ちた。

 

レンズラインナップ
◎ニコンFマウント

  • 35ミリF1.4乃至50ミリF1.4の純正レンズあたりはずっと考慮中。
  • ZFディスタゴン2/28も惹かれる。

◎ペンタックスKマウント

  • DA15ミリとSMC-P24/3.5は確保。
  • リミテッド31ミリは現状の機材で積極的に使う気があまりしないが候補筆頭。

◎ライカMマウント

  • スーパーアンギュロン21ミリF3.4のみ確保。ZMディスタゴン18ミリF4が筆頭になった。
  • エルマリートM28ミリF2.8(第4世代)はM9導入後でいいかなという気もしている。

◎ライカRマウント

  • スーパーアンギュロンR21ミリF4のみ引き続き検討。

◎ヤシカ/コンタックスマウント

  • このマウントで検討しているレンズは今のところなし。

◎EFマウント

  • TS-E24ミリのみ。

◎M42マウント

  • このマウントで検討しているレンズは今のところなし。

◎マイクロフォーサーズマウント

  • パナソニックのエルマリート45ミリを検討中。

自分の撮影スタイルに限って言えば、5D+D700+R-D1(あるいは同等のAPS-CのMマウント)で充足。その他の機材は特定のレンズを使うために所有している現状。K20D+15ミリ、DS+フレクトゴン35ミリ、GF-1+14ミリとか。

15mmレンズ

左はペンタックスK20とSMC DA15ミリF4の組み合わせ。右がソニーNEX-5+スーパーワイドへリアー15ミリF4.5。オリンパスほどではないが、ペンタックス機+DAレンズの青空もそう悪くない。絞ったときの解像も十分で信頼できる写り。このレンズの評価は絞り開放・最短撮影距離の際に最悪となるが、そういった使い方を多用するのはナンセンスだ。DAシリーズは何よりコンパクトさが売りであり、そのための絞り開放F4である。寄れることは確かだが、絞った際の中・遠景での安定した解像にこそ骨頂がある。ただし、K20Dではボディの大きさ、重さがレンズの小型・軽量を相殺するのでそれこそナンセンスな運用をせざるを得ないのだが、現状最軽量のAPS-C+15ミリの組み合わせである、ソニーNEX-5+スーパーワイドへリアー15ミリF4.5の撮影では遠景で致命的な色かぶりが発生することを考えると、DA15ミリの利用価値はまだまだ高い。

at random with NEX-5


暑いので捗らなかったがいくつかのレンズで撮影してみた。ピントはどれも申し分ない。少し油断するとコンデジ風味が強くなるのは仕方がない。やはり問題は色かぶりだ。すっきりとした青空を望む場合は今のところ別の機材を使うほうがよさそうだ。色かぶりはレンズ後端の出っ張り具合もさることながら開放絞りも影響するのかも知れない。同じ焦点距離なら明るいレンズの方が良さそうだ。浅い絞りの際の背面液晶によるピント合わせは、液晶自体が見えが良いので思ったよりやりやすいが、ホールディングに不安定さがあるのでボディに顔を密着できる EVF があればなと思う。

SONY NEX-5 初見

軽いがあまり感心しないデザインの純正レンズは必要なかったが、ボディ単体での販売がないので、仕方なく16mm付きをフジヤカメラで購入。APS-Cでレンズ交換式非一眼レフであること、「心地よい響きの」大きなシャッター音が気に入ったこと、ボディの仕上げが丁寧であったこと、これらが主な導入理由。

フランジバックの短さゆえ上の写真のようにライカマウントも装着できるわけだが、撮像素子までの距離の近さから、マウント面より後端側にレンズが飛び出している超広角では画質に難があるようだ。具体的には28ミリ以下の非レトロフォーカスレンズで画面短辺左右の「色の転び」や、画面上部の「グレー帯」が発生する可能性が高い。ライカMデジタルで同様の問題が起きていることを考えると、フランジバックが短くかつ大きな撮像素子では簡単に乗り越えることはできない壁だろう。

それでも後処理で少しは救える部分もあるので、あまり気にしないことにする。何より小さく軽いことがアドバンテージであることは間違いないのだ。

キビ、メビ、ギビ、テビ

ようやくテラバイトが地上界では認知されてきたが、天上界(IEC:LINK)では、すでに20世紀末に 2 進接頭辞の用法を追加・変更している。正直こういった単位にまつわる話は苦手だが、ときどき使われるので書いておこう。

名前 記号 乗数
キビ(kibi) Ki 2の10乗=1 024
メビ(mebi) Mi 2の20乗=1 048 576
ギビ(gibi) Gi 2の30乗=1 073 741 824
テビ(tebi) Ti 2の40乗=1 099 511 627 776
ペビ(pebi) Pi 2の50乗=1 125 899 906 842 624
エクスビ(exbi) Ei 2の50乗=1 152 921 504 606 846 976
ゼビ(zebi) Zi 2の70乗=1 180 591 620 717 411 303 424
ヨビ(yobi) Yi 2の80乗=1 208 925 819 614 629 174 706 176

キロ、メガ、ギガ、テラという従来表記は国際単位系(SI)に基づくので、1キロメートル=1000メートルのように10進数。その「キロ」を用いてキロバイト(KB)と表記した場合、2 の10乗(2 進数)と10の 3 乗(10進数)の両方を意味してしまう。情報工学分野では 2 進数を多用することから、キロバイトではなくキビバイト(KiB)を用いることで、1024の乗数として明示できる。

表記例)
32 bit(2 の32乗)レジスタは、4 GiB 通りのメモリアドレス(4 GiB までのメモリ空間)にアクセス可能。64bit(2 の64乗)レジスタになると約172億 GiB までアクセス可能となる。64bit のアドレスを使い切る前にこちらが寿命を迎えそうだ。それはさておき,Photoshop CS 5 は新機能の面からも注目できるが、4 GiB 超の RAM を搭載した Mac プラットホームにおいて、ようやく64 bit 化の恩恵を受けることができる。ここにアップグレードの意味を見出してもいいだろう。

蛇足)
4 bit(2 の 4 乗)なら
0000、0001、0010、0011、0100、0101、0110、0111、1000、1001、1010、1011、1100、1101、1110、1111
以上16通りの「アドレス」があるということ。これが 8bit(2の8乗) なら256通り、24bit で約1977万(16,777,216)通り。

Pad Slate Tablet(文系・理系・体育会系)

わかっている限りで検討材料を列記してみる。

Apple iPad
OS:iPhone OS
9.7型(1024×768)
公称バッテリー駆動時間(10時間)

HP Slate
OS:Windows 7
8.9型(1024×600)
公称バッテリー駆動時間(5時間)

Dell Streak
OS:Android
5型(800×480)
7型および10型の開発の話はあるが公式発表はなし。

・HP Slate は タブレット型ネットブック(小さいパーソナルコンピュータ)。Adobe Flash および AIR 対応で、カメラ(300万画素)+SD カードリーダー(128MB まで)+USB ポート内蔵。

・Dell Streak は iPad の路線を踏襲(大きいモバイルフォン)。カメラ(500万画素)+チャット用 VGA(35万画素)カメラ内蔵。まだ公式発表はないので仕様は色々変わるだろう。

HP Slate は足し算好きの過剰さが、スペックありきの理系っぽくていいね。「タブレット」と称して良い「筆圧感知」も装備しているのも地味に評価できる。これでサクサク動いてバッテリーがもてばスキはないが、そう甘くはない。

Dell Streak は5型と10型は射程外、問題はターゲットの7型。アスペクト比が SVGA だったらいいな。Dell のことだから薄利多売で意外に普及したりして。それなら買っちゃうかも。力技でも何でも、結局普及したもん勝ちだってことを Microsoft 以上にわかってるだろうし。

こうしてみると iPad は実に Apple らしい絞り込み。よくも悪くも個人の作品という風情が強く出ている。その文系テイストが好きか嫌いかで,まっぷたつの評価ってところか。

今年は、上記の製品以外にも色々出てきそうな感じなので、しばらくは退屈しないな。出走馬を想像するようなもんか。考えに考え抜いて馬券を買わないってこともあり得るけど。

Capture One Pro 5 と Lightroom 2.6

Capture One Pro 5 と LightRoom 2.6GF-1 の RAW データを Capture One Pro 5(上)、Lightroom 2.6(下) で簡易に現像したモノ。この写真ではレンズが良すぎてかなりわかりにくいが、Capture One Pro 5 のほうが立体感を損ないにくい印象。Lightroom も悪くはない、ただ、少なくとも安直に現像したレベルではわずかに及ばない(緑および黄を比べてみよう)。むろんこの程度の差ならパラメータで追い込めるが、よりシンプルに結果が出るならそれにこしたことはない。というわけで、Intel Mac mini 導入後に買う予定。

TOP